TOP > 採用案内

Recruit


MAVIS PARTNERSには、大手コンサルティングファームのような、会社の”看板”はありませんが、有難いことに、多くのお客様から、我々のプロジェクト成果をご評価いただき、継続したご相談をいただいております。

我々は、コンサル界のEl Bulliを目指しています。El Bulliは、「世界一予約がとれない」と言われた伝説のレストランです。むやみに規模は追わず、どんなにこじれた難題でも解決できる、少数精鋭部隊をつくっていきたいと思っています。

募集要項

求めている人物像 【必須】以下3つの気質をお持ちの方
・難しいから面白いと感じ、正解の無い問いに独自解を出していきたいと思う
・会社の”看板”ではなく、自分の名前で勝負できるようになりたいと思う
・何より他者に喜ばれ感動されることでモチベートされる

【歓迎】以下の経験をお持ちの方
・事業会社における企画業務、投資業務またはM&A関連業務
・金融機関やファンドにおけるM&A関連業務
・コンサルティングファームにおける戦略策定業務または実行支援業務

※中途採用:原則、大手企業向け経営コンサルティング、或いはM&A実務、財務会計・管理会計業務の経験が1年以上あることが望ましい
※インターン採用:原則、他社オフィスワーク、或いはインターン経験1年以上必須
業務内容 経営コンサルティング業務、法人研修業務、執筆業務など
勤務地 東京(ただし、プロジェクトにより関与先に常駐の可能性があるものとする)
勤務時間 9時から18時を基本とし、労働者の決定にゆだねる(専門型裁量労働制)
休憩時間は60分
待遇 当社規定による(年俸+プロフィットシェア)
諸手当 通勤手当 全額支給
資格登録費用・維持費用 全額支給
福利厚生 社会保険完備、借り上げ社宅制度、「まとめて福利厚生」加入
オフィスビル内の社員食堂利用可、昼食代補助
オンライン英会話受講料・グロービス受講料負担
その他教育費用補助(セミナー参加、書籍購入など)
チャレンジ応援制度(独立支援・新規事業化支援)
休日・休暇 週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇、その他会社が定めた日
キャリアパス インターン→アナリスト→アソシエイト→マネージャ→プリンシパル
選考方法 書類選考、課題提出、面接2-3回
応募方法 下記メールアドレスに履歴書・職務経歴書・志望動機書の3点をお送りください。
3営業日以内にご返信します。
info@mavispartners.co.jp

よくある質問と回答

会社について

Q. 他のM&Aを扱うコンサルティングファームと比べたとき、MAVISの差別化ポイントは何ですか?
A. 最大のポイントは、M&A戦略からPMI後まで、一気通貫で、同じコンサルタントがサポートできることです。他ファームでは、M&Aの工程ごとに部門や担当が分かれますが、MAVISでは、M&A戦略からPMI後まで、同じコンサルタントが担当します。それによって、M&AでVisionを達成すること、付加価値を出すこと、当初の戦略を実現することにコミットできます。
Q. MAVISの目指す姿は何ですか?
A. M&Aは強力な経営ツールである一方、摩擦と痛みを伴う手段でもあります。M&Aによって、関係者全員が幸せになれることはないでしょう。だからこそ、本当に意味のあるM&Aが出来るようなサポートをしていきたいと考えています。あくまで中立な立場で、M&Aの是非を進言し、M&A周りのお困り事が解決できるコンサルタント集団、どんなにこじれた難題でも解決できる、少数精鋭部隊でありたいと考えています。
Q. 組織はどんどん拡大していくつもりですか?
A. 規模は追求していません。現状は、最大でも15~20名までと考えています。少人数だからこそ、熱量高く、チーム一丸となってクライアントが抱える課題に向き合えると考えており、その「小さな組織の良さ」を失わないように留意しています。

仕事について

Q. プロジェクトの進め方を教えてください。
A. コンサルタントがクライアントに対して、一方的なご提言をするのではなく、クライアントと建設的な議論を行いながらも、「再現性」と「確実性」に重点を置いた問題解決を志向しています。
Q. プロジェクトは一人何件掛け持ちますか?
A. プロジェクトの規模と、その担当者の職位に依ります。平均すると1-2件です。アソシエイト以上になれば、複数案件に関わるケースが多くなります。
Q. クライアント先に常駐しますか?
A. クライアントが要望する場合には、常駐することもあります。ただし、過去を振り返ると、常駐案件は、弊社案件の中で1割もありません。
Q. 仕事で英語を使いますか?
A. プロジェクトによっては、海外企業の調査や、海外現地法人の担当者とのディスカッション等があるため、英語を使う場面はあります。ただし、社内の打ち合わせ等は、全て日本語です。したがって、英語の運用力よりも、日本語を正しく使えることが重要です。
Q. 業務内容に「法人研修業務、執筆業務」とありますが、若手は出来ませんか?
A. いいえ、 若手でも、法人研修の講師やビジネス雑誌の記事執筆を担った実績があります。誰でも手を挙げれば、先輩がフォローしつつも仕事を任せています。「やりたい人がやる」、それが最も楽しく成長できる環境だと思います。
Q. インターンは、どのような仕事をしますか?
A. 戦略コンサルティング、M&Aコンサルティングのサポート業務全般(財務分析、簡易Valuation、市場リサーチ・個社リサーチ、資料作成など)です。アナリストが担う仕事と同様です。ただし、本人の要望と本人の実力次第では、それ以上の仕事も任せます。状況に応じて、インターンでも、名刺を持ち、クライアント先に同行してもらう場合もあります。
Q. 東京に住んでいないと、インターンは出来ませんか?
A. はい、原則として、オフィスに出社できる方に限定しています。特に、仕事に慣れるまでは、分からないことだらけになるはずので、気軽に質問できる環境で働いた方が、質問する側も質問される側も負荷が低いためです。また、MAVISメンバーとリアルな接点を持ち、各人の仕事やキャリアに対する考え方を直に感じ取ることは、インターン生の将来の糧になるとも考えています。

選考について

Q. M&Aの専門性が無いと、採用されませんか?
A. 募集要項の「求めている人物像」に当てはまるならば、応募時点でM&Aの専門性が無くても、それを以て不採用とすることはありません。そもそも、「専門性」を身につけることに終わりは無く、プロフェッショナルとして、歩みを止めず、日々研鑽していくことが重要と考えます。
Q. コンサル経験があっても、課題選考が必要ですか?
A. 必要です。一口に「コンサル経験」といっても様々なので、弊社が求める期待水準に達しているか否かを判断するには、課題選考が必要だと考えています。成果物に対しては必ずフィードバックしますので、それを通して、MAVISにおける実際の業務イメージも掴めると思います。
Q. M&Aコンサルで必要なスキルは何ですか?
A. ロジカルシンキングやクリティカルシンキングをベースとして、ハード面としては財務会計とファイナンスの知識、ソフト面としては複数の利害関係者がいる中で円滑な議論ができるファシリテーションスキルや、キーパーソンを巻き込めるコミュニケーション力が必須と考えます。ただし、それらは一定の素養があれば、入社後に鍛錬できるため、募集要項の「求めている人物像の必須条件」を最重視しています。
Q. 読んでおくべき本はありますか?
A. 特にありませんが、MAVISコンサルタントに対して課題図書指定している書籍を公開しています。
Q. インターンと他のアルバイトを掛け持ちできますか?
A. はい、自由です。ただし、情報漏洩リスクの観点で、同業他社でのアルバイトは遠慮願います。

制度について

Q. 入社後、研修はありますか?
A. 定期研修はありません。入社前に課題図書を読んでいただき、最低限の知識を身につけた状態で入社していただきます。後は、OJTです。MAVISでは、会議後や、プロジェクトの中間地点、終了後に、関係者を総動員して振り返りを行っています。それを通じて得られる気づきが、各人の最大の成長の糧になると考えています。加えて、書籍やセミナーを通した自学を推奨しているため、福利厚生として、それらは会社が費用負担しています。MAVISでは、誰かに教えてもらうことより、自ら学ぶことに意味があると考えています。
Q. Up or Outですか?
A. いいえ、Up or Stayです。人によって、置かれた状況は異なるため、全員が昇格し続ける必要は必ずしも無いと考えています。例えば、その人のライフステージによっては、「プライベートに時間をより割きたいため、昇格せずに現職位のまま留まる」という選択肢も許容しています。
Q. 有給は使えますか?
A. はい、プロジェクトにアサインされていない期間であれば使えます。ただし、プロジェクトにアサインされる前にお知らせいただき、クライアントの了承が取れていれば、プロジェクト期間中の有給取得も可能です。
Q. 昇格・昇給はどのように決まりますか?
A. ポテンシャルで判断せず、実績ベースで判断しています。各職位別にバンドが1~4設定しており、それぞれに期待役割を定義しています。その期待役割を全う出来たという実績があれば、該当する職位に昇格することができます。

その他、ご質問があれば、お気軽にお問合せください。